野良猫のつぶやき

入り口へ帰る

過去のつぶやきへ

2005年1月9日  お年頃

この正月、田舎で中学時代の同窓会があった。 本当に卒業以来、20年ぶりなのではないかという人もいた。 同窓会で面白いのは、現役時代に話したこともなかった人とも話したりすることである。 同窓のよしみということか。 たまたま同じ学校の卒業生だというだけでやたらとつるむのも馬鹿馬鹿しいといえば馬鹿馬鹿しいが、逆にそんな縁がなければ一生話をすることもなかったかもしれない、と思えば貴重な縁でもある。
   正月休みが終わって仕事をしていると、大学時代の知人からメールが届いた。 海外赴任が決まったとのこと。 同期のやつらにもメールをまわしてくれと、他の同期の人間とやり取りしているうちに、あて先が増えてきて私の名前も入ったらしい。 なつかしい名前があて先に並んでいる。 で、ついでに私も返信したりして。 そのときに京都ネタとして(私たちは京都で学生時代をすごした)、この隠れ家を置いているサーバーにアップした比叡山写真へのリンクをメールに貼ったら、やっぱり敏感なやつがいて、隠れ家本体にもアクセスして少し覗いてくれたらしい。 彼からの返信の最後で「野良猫は9月以降つぶやいてないね」ときたもんだから、あわててつぶやいているのであった。
   同窓会って、興味のない時期がしばらくあった後、ある時期急に参加したくなるものらしい。 昨年秋、高校の同窓会の関西支部総会なるもの(旧制中学時代の卒業生までいたりする。。。)に参加して、同席していた人にどうして急に参加するようになったのか聞くと、「40歳になったから、こういうものにも参加してみようかな、と」だそうだ。 私はまだ30半ばだけれど、私も周りの人たちも、そんなお年頃になったのかもしれない。

入り口へ帰る