野良猫のつぶやき

入り口へ帰る

過去のつぶやきへ

2003年3月15日  夕暮れ

防犯、防寒と、風が強いこともあって、夜は家中の雨戸を閉めている。 私が平日ほとんど家にいないため、私が占拠している2階は週末にしか雨戸を開けない。 週末だけ雨戸を開けて、外の光を入れる。 南側のベランダへ出る窓からは、葉を落としたコナラ林の枝の間から田んぼとその向こうに湖が見え、パソコンを並べている西側の小さな窓からは、近所の屋根の向こうに比良山系の峰々が見える。
   日が暮れてくると、雨戸を閉めないといけない。 でも閉めるのが惜しい。 少しでも長く景色を見ていたい。 そんな住処である。

入り口へ帰る