入り口写真雑感

入り口へ帰る

2010年3月末  かにさん

どれだけ悲惨な災害が起こっても、多くの人が死んでも、春は来る。 春の訪れに心を癒される人もあるし、ただただ恨めしく思う人もあるだろう。 
   自分は被災していないので、ほぼ普段通りの生活をしている。 後ろめたい気も全くないではないが、やはり被災していない者はこれまでと同様、普通に生活して、普通に消費して(普段から備蓄していない者は、この時期に買いだめなどせずに)、普通に、いや、少し多めに稼いで税金を納めて行くべきだと思っている。
   で、いつもどおり、研究のために定期的に山へ通っている。 いつもの調査箇所で渓流水の温度を測っていると、小さなカニが現れた。 せっかくなので写真を撮った。 指を出してみたら、威嚇してくるかと思いきや、無反応。 小さなハサミをつついてみた。 それでも数秒間無反応で、ふと何か気づいたように動き、ハサミをたたんで後ずさりして石積の隙間に逃げて行った。 どうも、目が良く見えていないらしい。 そういう種類なのかもしれないが、それにしても鈍い。 鳥に食われてしまわないのか。 まぁ、何とかなるのかもしれない。

過去の入り口写真